ハッピーメールで年齢確認をする方法は?免許証があれば一瞬でできる!

この記事では、ハッピーメールを利用する際には必ず行う必要がある

「年齢確認」について詳しく解説していきます。

 

ハッピーメールの年齢確認は非常に簡単に行う事ができますし

一度認証すれば、ログインする度に年齢確認をする必要も一切必要ありません。

 

しかしハッピーメールの年齢確認は自己申告制ではなく

免許証」などの公的な身分証明証を利用することになるので

個人情報の流出などを気にされる方も多いと思います。

 

この記事ではその辺りのリスクなどについても説明していきます。

なぜ出会い系サイトで年齢確認が必要なのか?

そもそも、なぜ出会い系サイトを利用する際に年齢確認が必要なのでしょうか?

利用者にとって手間がかかる事をさせることで

面倒だと思う利用者は登録せずに終わってしまうかもしれないのに

それでもハッピーメール運営側がユーザーに年齢認証をさせる理由とは

何なのでしょうか?

 

その理由は大きく分けて下記の3つがあります。

18歳未満の利用者を確実に排除する

私が出会い系サイトを利用し始めたのは15年以上前ですが

その時は年齢確認などはありませんでした。

それこそ未成年でも誰でも自由に利用する事が出来ました。

 

その後、未成年者の利用による援助交際などが問題となり

2003年には

「インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律」

が制定施行され、2009年には「出会い系サイト規制法」と呼ばれる法律が施行されました。

 

これにより、18歳未満が出会い系サイトを利用すると

サイト運営が罪に問われる事になりました。

これを防ぐために登録時に年齢確認が必須となったという経緯があります。

 

しかしこれは私たちユーザーにとってもメリットであり

この制度が設けられた事により

出会う相手は本当に18歳未満じゃないのか!?

心配をせずに出会いを楽しむ事が出来る様になりました。

全てのコンテンツを安心して利用してもらうため

ハッピーメールでは年齢確認を終えないと

使用できないコンテンツがあります

・メールの送信

・受信したメッセージ内容の確認

・掲示板への書き込み

などが制限されます。

 

もちろん年齢認証なしではハッピーメール内で

出会いを見つける事は不可能です。

そのため、ハッピーメールを利用する場合は

年齢確認が必須となってくるのです。

悪質サイトではないと証明するため

現在、ハッピーメールのように優良な出会い系もあれば

ユーザーからお金を搾り取るためだけの悪質な出会い系まで

出会い系サイトの数は非常に多くなっています。

 

ハッキリ断言します!

誰でも無料で簡単に利用出来る事を売りにして

年齢確認が無い出会い系サイトは

100%悪質なものと考えていただいて問題ありません。

 

年齢確認のがあるかどうかは、その出会い系サイトが

優良なのか悪質なのかを見分ける為の判断材料にもなるのです。

年齢確認の方法とは?

それでは実際に年齢確認を行う際に

必要なものは何なのでしょうか?

 

事前に年齢確認のやり方をある程度把握して準備をすれば

会員登録もスムーズに行う事が出来ます。

それでは一つずつ見ていきましょう。

公的な身分証を準備

年齢確認をする為に準備しておくのは

公的な身分証明証だけです。

ただし、年齢確認なので

生年月日が記載されていないものはNGとなります。

 

一番簡単に行うなら

運転免許証」か「保険証」が

手っ取り早いと思います。

他にも「パスポート」でも問題なく年齢確認を行う事が出来ます。

 

筆者が一番オススメなやり方としては

WEB版限定にはなりますが

クレジットカード情報」を利用する年齢確認

が一番早いです。

 

ポイントをクレジットカードで購入する際に

同時に年齢認証も行ってくれるものです。

(クレジットカードを使用できる時点で18歳以上の為)

 

Web版でクレジットカードを使用するとアプリ版よりお得

も併せて読んでみてくださいね!

年齢確認の方法

実際に年齢確認の方法について見ていきましょう。

皆さんにもイメージしやすいように

ここでは一番使われるであろう

運転免許証」を使ったやり方を例にしていきます。

 

年齢確認に必要な情報は

①生年月日または年齢

②書面の名称(運転免許証)

③書面の発行者名(○○県公安委員会)

この3つだけです。

 

顔写真や本籍地や住所などは必要ありませんので

紙などを使って隠してデータ送信をして下さい。

 

年齢確認はハッピーメールにログインして

マイページの左上にある年齢確認から始めます。

 

次に「画像を送信」か「FAXで送信」のどちらかを選びましょう。

空欄部分をタップして画像を選択して

「送信する」をタップすると年齢確認作業は終了となります。

年齢確認がうまく出来ない場合は?

年齢確認に使用している身分証明証の画像が

不鮮明である場合などに

まれに年齢確認が上手くいかない場合があります。

 

その場合はもういちど写真を取り直し、送り直してみて下さい

もし何度やってもダメな場合は、サポートに問い合わせをしてみるのも良いと思います。

ハッピーメールの年齢確認は安心なの?

年齢確認に使用した運転免許証などのデータについて

個人情報の流出がないのかを心配される方は多いと思います。

 

ハッピーメールでは、会員情報の管理はどの様に行っているのでしょうか?

安心して個人情報を預ける事が出来るセキュリティー体制は

構築されているのでしょうか?

身分証を悪用されることはないのか?

会員登録の際の年齢確認では

運転免許証や保険証などの画像データを預ける形になりますが

これまでにハッピーメールの運営から個人情報が漏れたという事は一度もありません。

 

ハッピーメールの運営歴は20年、会員数は累計で2000万人を超えています。

これだけのデータ量を抱えていながらも、これまでに一切のデータが漏れていない

という事はしっかりとした管理体制が整っていると考えて問題ないでしょう。

身分証内の全ての情報を開示するわけではない

先程も説明した通り、年齢確認の際には

運転免許証に記載されている全てのデータを

開示しなければいけない訳ではありません

 

年齢確認には必要のない「顔写真」や「住所」や「氏名」は隠したうえで

ハッピーメールにデータを送信します。

なので、個人を特定できる情報は渡していない点も安心できます。

 

しかし、それでも個人情報に対する認識はみなさん違うと思いますので

これでも心配だと思われる方は上記の

クレジットカードを使って年齢確認をする方法をオススメします。

 

クレジットカードで年齢確認を行う場合は

クレジットカード情報を入力して

メールアドレスを入力して送信するだけです。

 

認証自体はクレジット決済代行会社の「(株)EIC」が行い

ハッピーメールは一切関知しないので

クレジットカード情報はハッピーメール内に残りません。

 

カード利用明細に記載されるのは「EIC」の名前だけですから

家族に請求書を見られてもハッピーメールを利用しているとは分からないようになっています。

 

クレジットカードを使って、年齢確認をする場合の唯一のデメリットとしては

最低額である100円以上のポイントを購入しなければならない事くらいです。

第三者機関の存在

ハッピーメールは運営のしっかりとした管理体制もさることながら

個人情報の取り扱いが正常に行われているかを

第三者機関に監視」してもらっています。

 

監視しているのは

「特定非営利活動法人 日本個人・医療情報管理協会 (JAPHIC)」

という所です。

 

JAPHICは、個人情報保護法を企業が守っているかどうかを

経済産業省が発行しているガイドラインに沿って審査を行っているので

公平な目で審査されているという事になります。

 

その機関の審査に通っているハッピーメールは

安全と考えて間違いないでしょう。

まとめ

この記事ではハッピーメールの登録の際に必須となっている

「年齢確認」について説明いたしました。

 

年齢確認をする為には色々と事前の準備が必要ですが

年齢確認がある事で私たち一般ユーザーは

安心かつ安全に出会いを探す事が出来るのです。

 

年齢確認が無い悪質な出会い系サイトを使うことは

リスクでしかありませんので

 

この記事を読んでいただいた方は

その様な事が無いように注意して

ハッピーメールで良い出会いを見つけましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です